クラフトビール誕生(新潟県十日町市)

ひとりごと(NO41)

人気ブログランキング

180216-9新潟県十日町市で、初のクラフトビール「妻有ビール」が誕生し、今日から始まった十日町雪まつりコミュニティ広場(十日町高校グラウンド)のブースでお披露目(出店)され話題となっている。
このビールは、妻有ビール株式会社(代表取締役・高木千歩さん)が醸造。フレーバーに十日町産の蕎麦(とよむすめ)を使った、ソバの香りが特徴の「十日町そばエール」とフレーバーにオレンジビールを使ったフルーティーな香りと、まろやかな味が特徴の「めでたしゴールデンエール」の2種類のビールが販売された。
高木千歩さん(写真)は、「雪まつり」ギリギリに完成し、やっとお披露目となりホットしたり、ドキドキの気持ちです。
ものすごい反響を頂き驚いています。嬉しい半面、逆に支援してくれる皆さんに、お応え出来るか不安もありますが、まず第一に皆様方から、このビールを知っていただくことがスタートなのかと思い頑張ります。各種グッズも販売いたしますので、宜しくお願い致しますと語る。
2011年10月から2014年3月まで、十日町市地域おこし協力隊として活動。友人など4名で株式会社YELLを設立し、2014年4月にクラフトビールとシカゴスタイルピザを提供するレストラン「ALE beer&pizza」をオープン。地元で採れた野菜やお肉など、地域の食材にこだわるお店として、人気となっている。
2017年1月に株式会社「妻有ビール」を設立。醸造免許を2017年11月に取得し、今年の1月から仕込みを始める。

180216-9
ひとりごと(NO41)
大伴家持ゆかりの高岡市(北陸の旅)

大伴家持は、天平18年(746年)に「越中守」となり5年間、赴任している。この期間中に、越中の自然と風土など200首以上の「うた」を残している。
大伴家持ゆかりの富山県高岡市は、「万葉集」に関心の深い全国の人々と交流を図るため、万葉歴史館(写真)を1990年…

ひとりごと(NO41)
「新湊きっときと市場」(北陸の旅)

新湊漁港の魚市場では、早朝のセリだけでなく、昼セリも行われ見学も出来る。大きな赤いカニの看板が目印の、新湊フィッシャーマンズワーフ「新湊きっときと市場」では、新湊漁港で獲れたての「海の幸」やお菓子・特産品などが並び観光客で賑わっている。
獲れたて食材を使…

ひとりごと(NO41)
涅槃会の「団子まき」(十日町市の観音寺)

お釈迦さまの命日(旧暦の2月15日)は涅槃会、伝統行事の「だんごまき」が、今日(21日)新潟県十日町市の「観音寺」で行われた。
涅槃会では、お釈迦様の最期の様子を描いた「涅槃図」を掲げ、遺教経を読む法要が行われた。
「お団子」は、米粉で作られ、白・赤・青…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。