できれば毎日美味しいものを食べていきたい。旅中も


こんにちは!神田です。



よく考えたら、日本で仕事をしていた時は、通勤の行き帰りくらいですよね、冬に寒い思いするの。

営業さんとかだと外に出るから1日中寒い思いしたりするんだとは思いますが私は大抵そうでした。



今回の旅中は人生で1番寒い経験してる気がする!!!


寒さで震えが止まらない。それでも外にい続ける。なんて状況ほとんどないですもん、今まで。



旅中、四季を全身で感じております。




おわり









2018年2月6日(火曜日)
【タイ】 バンコク





モイモイモイモイ~!!!




「モイモイモイモイ~!!!」




モイモイモイモイ~!!!




「モイモイモイモイ~!!!」




外でモイモイが鳴くたびにカンちゃんが真似してる。

ずっと。


もはやどっちがモイモイなのかわからん。


モイモイみたいな顔してるし。




「おい!!可愛こぶってんじゃねぇぞ!!このぶりっ子キャラ!!」



「あああん!!なんやとおおおお!!!ぶりっ子ちゃうし!!マジしっかり者キャラでやってきたし!!フミ君こそ甘えん坊キャラやろ!!赤ちゃんでちゃねぇ~、バブバブ~。」



「うっわビビる。マジ超ロンリーウルフキャラやし。こっわ。」



「ところでお昼ご飯なに食べる?」



「なんかちょっと歩いたとこにローカルモールあるみたいだから後で行ってみようよ。」




平和な午前。


風邪は薬のおかげで悪化はしてないみたいだけど、喉がひどいことになってる。

痰がからんで咳が止まらない。


うーん、寝る時きついんだよなぁ。

早く治ってくれー。










ここ数日、なんだかんだで毎日人に会ってお酒を飲んでいたので、今日はお酒を抜いてマジで作業に集中しよう。


早いところ日記を追いつかさないと。


ていうかブログのタイムラグがあるせいで、バンコク終盤になって在住のかたから、お会いしませんか?バンコクには何日まで滞在しますか?というメールをいただいております。


もう追い込み時期だし、なかなかタイミングが合わずにお誘いをお断りしてしまったのですが、本当に申し訳ありませんでした!!

お会いさせていただきたかったです!!!


旅も終盤だから帰国に合わせてブログをリアルタイムに近づけていかなきゃなぁ。
































お昼になってから宿を出て、住宅地の裏道をのんびり歩く。

古い木造住宅、コンクリート塀、電信柱、小さな祠にはちゃんと新鮮なお供え物がしてある。


洗濯物、錆びたトタン、夏の匂い。

セミの声が聞こえてきそうな小道をカンちゃんと歩く。












遠い記憶の中の小道。いつかの若い頃の自分。


ウェスタンブーツ履いて、長髪を茶色く染めて。


もう戻れない記憶の中の場所で、ふと立ち止まっては誰かを探して振り返る。


でも不思議なのは、たしかにこの小道を1人で歩いたはずなのに、思い返せばいつもカンちゃんがそばにいたような気がする。


デジャヴの中に、いつもカンちゃんがいたような。

夏の日差し。






鍋かぶるおばちゃん。





耳コインお婆ちゃん。



















































路上の服屋さんが並んでるめっちゃローカルな通りを歩いて行くと、歩道橋の先に小ぢんまりしたショッピングモールがあった。


綺麗ではあるけど、サイアムとかの新市街にあるような巨大でラグジュアリーなものではなく、なんか田舎の寿屋みたいな。


寿屋とか宮崎県民しか知らんか。


宮崎県民でももうそんな知ってる人おらんか。









とにかく外国人のガの字も見かけないめっちゃ地元民オンリーのモールに入り、なんか美味しそうなものないかなーと物色してるとこんなところ発見。








ほう?










ほう?




トンカツセットが180バーツ(610円)じゃねぇか…………

しかもちゃんとトンカツを網の上に乗せてベチョらないようにしてるじゃねぇか…………


ちょっと期待できる…………



で、でもなぁ、ここ最近、死ぬほどお金使い倒してるんだよなぁ。


親といる間もバンバン使ったし、ここ数日もアユムさんと遊んでる時に富豪のごとく使ってる。


確かにアユムさんと行く場所は確実にオシャレで、味もハイレベルなんだけど、やっぱりそれなりに値段もする。


バッグパッカーが屋台で済ませてるご飯の10倍以上を毎日使ってるので、さすがに財布が心配になってきた。


このまま日本までたどり着けるのかな…………



でもまぁ、やっぱりいつも出来るだけ美味しいもの食べてたいけどね。

人との出会いは金じゃ買えないし、それに見合うものを得られる有意義なお金の使い方ができてると思う。





「カンちゃん!!こっち味千あるよ!!味千ラーメン!!」



「なにそれ!!」



「どこにでもあるチェーン店!!」



「美味しいの!?」



「内緒!!」





というわけで味千ラーメンがめっちゃ安いのでこっちにしました。

節約節約。









お、美味しくない…………

なんかカレーが変な味がする…………


カンちゃんが頼んだチキン南蛮丼が完全にチキン南蛮ではない…………


無念…………











今日は食に運がなくて、夜に食べた屋台のご飯も相当ひどかった。





この写真のも全然美味しくなかったんだけど、もうひとつ、ご飯の上に揚げた卵を乗っけた超シンプルな料理なんだけど、そういうのって意外に美味しかったりするよなーって食べてみたら、お米がマジで終わってた。


ぼっそぼそ、でもダンゴができてる、にちゃにちゃ、臭い、潰れまくり、


最初食べた時、これお米じゃないよね?これなに?ってマジでカンちゃんが聞いてくるくらいクソまずかった。


逆によくこんなお米の炊きかたできますね、って感心するくらい。



うーん、安い屋台ご飯でも美味しいところはめっちゃ美味しいんだけどなぁ。


今日はめっちゃハズレを引いてしまった。



ああ、いつも美味しいもの食べていたい。



大阪のサバー行きたい。










今日の日記はこんなもんです。

サバーで飲み会とかしたいです。


みんなの元気な顔、早く見に行きたいな。




タイ
アユタヤ王の遺骨が眠る遺跡 (ワット・プラシーサンペット/タイ アユタヤ)

アユタヤ王宮内にあった最も重要な遺跡で、1448年に建立され、以降はここで宮中儀式が執り行われてきました。こちらのシンボルは、東西に並ぶ3基の仏塔で、それぞれにトライローカナート王(1448~1488年)とその王子らの遺骨が納められていたと言われています。仏塔の東側に本堂が後に建立され、高さ16メートル重さ171キロの、純金に覆われた立仏像が置かれていたそうです。1767年のビルマ軍による第2次アユタヤ侵攻で破壊されま

タイ
廃墟に横たわる涅槃仏 (ワット・ローカヤスターラーム/タイ アユタヤ)

アユタヤの西方にある、ワット・ローカヤスターラーム(ワット・ローカヤスター/ワット・ロカヤスタ/ロカヤスタ寺院])の遺跡にやってきました。こちらでは、うっそうと生い茂る広大な草原に、悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏が目を引きます。真っ青な空、澄みきった空気のもと、長い手足をゆったりと伸ばし、静かな笑みを浮かべているかのように横たわりながら、アユタヤ王朝から今に続く時代の栄枯盛衰を見つめ続け

タイ
廃墟に横たわる涅槃仏 (ワット・ローカヤスターラーム/タイ アユタヤ)

アユタヤの西方にある、ワット・ローカヤスターラーム(ワット・ローカヤスター/ワット・ロカヤスタ/ロカヤスタ寺院])の遺跡にやってきました。こちらでは、うっそうと生い茂る広大な草原に、悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏が目を引きます。真っ青な空、澄みきった空気のもと、長い手足をゆったりと伸ばし、静かな笑みを浮かべているかのように横たわりながら、アユタヤ王朝から今に続く時代の栄枯盛衰を見つめ続け

できれば毎日美味しいものを食べていきたい。旅中も


こんにちは!神田です。



よく考えたら、日本で仕事をしていた時は、通勤の行き帰りくらいですよね、冬に寒い思いするの。

営業さんとかだと外に出るから1日中寒い思いしたりするんだとは思いますが私は大抵そうでした。



今回の旅中は人生で1番寒い経験してる気がする!!!


寒さで震えが止まらない。それでも外にい続ける。なんて状況ほとんどないですもん、今まで。



旅中、四季を全身で感じております。




おわり









2018年2月6日(火曜日)
【タイ】 バンコク





モイモイモイモイ~!!!




「モイモイモイモイ~!!!」




モイモイモイモイ~!!!




「モイモイモイモイ~!!!」




外でモイモイが鳴くたびにカンちゃんが真似してる。

ずっと。


もはやどっちがモイモイなのかわからん。


モイモイみたいな顔してるし。




「おい!!可愛こぶってんじゃねぇぞ!!このぶりっ子キャラ!!」



「あああん!!なんやとおおおお!!!ぶりっ子ちゃうし!!マジしっかり者キャラでやってきたし!!フミ君こそ甘えん坊キャラやろ!!赤ちゃんでちゃねぇ~、バブバブ~。」



「うっわビビる。マジ超ロンリーウルフキャラやし。こっわ。」



「ところでお昼ご飯なに食べる?」



「なんかちょっと歩いたとこにローカルモールあるみたいだから後で行ってみようよ。」




平和な午前。


風邪は薬のおかげで悪化はしてないみたいだけど、喉がひどいことになってる。

痰がからんで咳が止まらない。


うーん、寝る時きついんだよなぁ。

早く治ってくれー。










ここ数日、なんだかんだで毎日人に会ってお酒を飲んでいたので、今日はお酒を抜いてマジで作業に集中しよう。


早いところ日記を追いつかさないと。


ていうかブログのタイムラグがあるせいで、バンコク終盤になって在住のかたから、お会いしませんか?バンコクには何日まで滞在しますか?というメールをいただいております。


もう追い込み時期だし、なかなかタイミングが合わずにお誘いをお断りしてしまったのですが、本当に申し訳ありませんでした!!

お会いさせていただきたかったです!!!


旅も終盤だから帰国に合わせてブログをリアルタイムに近づけていかなきゃなぁ。
































お昼になってから宿を出て、住宅地の裏道をのんびり歩く。

古い木造住宅、コンクリート塀、電信柱、小さな祠にはちゃんと新鮮なお供え物がしてある。


洗濯物、錆びたトタン、夏の匂い。

セミの声が聞こえてきそうな小道をカンちゃんと歩く。












遠い記憶の中の小道。いつかの若い頃の自分。


ウェスタンブーツ履いて、長髪を茶色く染めて。


もう戻れない記憶の中の場所で、ふと立ち止まっては誰かを探して振り返る。


でも不思議なのは、たしかにこの小道を1人で歩いたはずなのに、思い返せばいつもカンちゃんがそばにいたような気がする。


デジャヴの中に、いつもカンちゃんがいたような。

夏の日差し。






鍋かぶるおばちゃん。





耳コインお婆ちゃん。



















































路上の服屋さんが並んでるめっちゃローカルな通りを歩いて行くと、歩道橋の先に小ぢんまりしたショッピングモールがあった。


綺麗ではあるけど、サイアムとかの新市街にあるような巨大でラグジュアリーなものではなく、なんか田舎の寿屋みたいな。


寿屋とか宮崎県民しか知らんか。


宮崎県民でももうそんな知ってる人おらんか。









とにかく外国人のガの字も見かけないめっちゃ地元民オンリーのモールに入り、なんか美味しそうなものないかなーと物色してるとこんなところ発見。








ほう?










ほう?




トンカツセットが180バーツ(610円)じゃねぇか…………

しかもちゃんとトンカツを網の上に乗せてベチョらないようにしてるじゃねぇか…………


ちょっと期待できる…………



で、でもなぁ、ここ最近、死ぬほどお金使い倒してるんだよなぁ。


親といる間もバンバン使ったし、ここ数日もアユムさんと遊んでる時に富豪のごとく使ってる。


確かにアユムさんと行く場所は確実にオシャレで、味もハイレベルなんだけど、やっぱりそれなりに値段もする。


バッグパッカーが屋台で済ませてるご飯の10倍以上を毎日使ってるので、さすがに財布が心配になってきた。


このまま日本までたどり着けるのかな…………



でもまぁ、やっぱりいつも出来るだけ美味しいもの食べてたいけどね。

人との出会いは金じゃ買えないし、それに見合うものを得られる有意義なお金の使い方ができてると思う。





「カンちゃん!!こっち味千あるよ!!味千ラーメン!!」



「なにそれ!!」



「どこにでもあるチェーン店!!」



「美味しいの!?」



「内緒!!」





というわけで味千ラーメンがめっちゃ安いのでこっちにしました。

節約節約。









お、美味しくない…………

なんかカレーが変な味がする…………


カンちゃんが頼んだチキン南蛮丼が完全にチキン南蛮ではない…………


無念…………











今日は食に運がなくて、夜に食べた屋台のご飯も相当ひどかった。





この写真のも全然美味しくなかったんだけど、もうひとつ、ご飯の上に揚げた卵を乗っけた超シンプルな料理なんだけど、そういうのって意外に美味しかったりするよなーって食べてみたら、お米がマジで終わってた。


ぼっそぼそ、でもダンゴができてる、にちゃにちゃ、臭い、潰れまくり、


最初食べた時、これお米じゃないよね?これなに?ってマジでカンちゃんが聞いてくるくらいクソまずかった。


逆によくこんなお米の炊きかたできますね、って感心するくらい。



うーん、安い屋台ご飯でも美味しいところはめっちゃ美味しいんだけどなぁ。


今日はめっちゃハズレを引いてしまった。



ああ、いつも美味しいもの食べていたい。



大阪のサバー行きたい。










今日の日記はこんなもんです。

サバーで飲み会とかしたいです。


みんなの元気な顔、早く見に行きたいな。




タイ
アユタヤ王の遺骨が眠る遺跡 (ワット・プラシーサンペット/タイ アユタヤ)

アユタヤ王宮内にあった最も重要な遺跡で、1448年に建立され、以降はここで宮中儀式が執り行われてきました。こちらのシンボルは、東西に並ぶ3基の仏塔で、それぞれにトライローカナート王(1448~1488年)とその王子らの遺骨が納められていたと言われています。仏塔の東側に本堂が後に建立され、高さ16メートル重さ171キロの、純金に覆われた立仏像が置かれていたそうです。1767年のビルマ軍による第2次アユタヤ侵攻で破壊されま

タイ
廃墟に横たわる涅槃仏 (ワット・ローカヤスターラーム/タイ アユタヤ)

アユタヤの西方にある、ワット・ローカヤスターラーム(ワット・ローカヤスター/ワット・ロカヤスタ/ロカヤスタ寺院])の遺跡にやってきました。こちらでは、うっそうと生い茂る広大な草原に、悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏が目を引きます。真っ青な空、澄みきった空気のもと、長い手足をゆったりと伸ばし、静かな笑みを浮かべているかのように横たわりながら、アユタヤ王朝から今に続く時代の栄枯盛衰を見つめ続け

タイ
廃墟に横たわる涅槃仏 (ワット・ローカヤスターラーム/タイ アユタヤ)

アユタヤの西方にある、ワット・ローカヤスターラーム(ワット・ローカヤスター/ワット・ロカヤスタ/ロカヤスタ寺院])の遺跡にやってきました。こちらでは、うっそうと生い茂る広大な草原に、悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏が目を引きます。真っ青な空、澄みきった空気のもと、長い手足をゆったりと伸ばし、静かな笑みを浮かべているかのように横たわりながら、アユタヤ王朝から今に続く時代の栄枯盛衰を見つめ続け