★能登撮影紀行Vol.4★白米千枚田その1 .。oO

  • By:
  • カテゴリー: 未分類

5/26~5/28と信州を離れ北陸、能登、白川郷を廻って来ました。
天気も良く満足感の高い2泊3日の撮影旅行となりました。
是非第1弾 (Vol.1) よりご覧下さい。

輪島市の宿には予定通り5時過ぎには到着した。
まだまだ日も高い。
いよいよこれからが今回の撮影旅行のメインイベントだ。

今までは夕日撮影で出かけても大抵は残念な結果となってしまっていたが
今回は珍しくまだ晴れている。 o(^▽^)o

先にチェックインを済ませ荷物を部屋に置いてから
車で15分の千枚田に夕日撮影に出かけようと計画していた。

だが宿での夕食は8時までという。 

あらら 7時頃の日没まで撮影してたら食事時間1H弱しかないぞ。 (´・ω・`)
大体の人は先に食事を取ってから夕日を見に出かけるという。

でも相談の結果、終わってからのビールの旨さには勝てないので
食事は後でとお願いし「白米(しろよね)千枚田」に撮影に出かけた。


1


千枚田を一望出来る道路沿いには道の駅ポケットパークがある。


2


観光用によく整備されていてそこから棚田を散策出来る様になっている。


3


撮影に適した場所を確保してからあちこち散策してみた。


4


日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、
世界農業遺産、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、
奥能登を代表する観光スポットとして親しまれています。


5


水田一面あたりの面積は約18平方メートルと狭小で
約4ヘクタールの範囲に1004枚の典型的な棚田風景が展開し、
古くより「田植えしたのが九百九十九枚あとの一枚蓑の下」
「越中富山は田どころなれど能登は一枚千枚田」等の古謡が唄い継がれています。
(以上の説明をNet上から見つけました。)


6


まさに千枚田 。。この景観を造り、守り抜いている方々に感謝です。


7


水を張り田植えが終わった田んぼは皆綺麗に空を映しています。

この時期の夕陽を映す千枚田を撮影したくて今回の旅行を計画しました。


8


土手に咲くマーガレットが「RV車さ~ん 写真撮って~」と誘って来ます。


9





10


棚田のすぐそこは日本海~♪


11


はい 次回も能登撮影旅行の続きを載せて行きます。


  ↓↓↓ 次回の写真も楽しみ~♪っと思われたら応援を ☆彡

人気ブログランキングへGO!       ブログ読んだよ!ペタ



美瑛~畑のある風景
麦畑の向こう側

ここのエリアは十勝岳が目の前に見える風景が楽しめますもう麦も色ついて来ました美瑛の丘では牧草ロールも出始めました夏の終わりが近くなってきたように思いますにほんブログ村

水田の畔に咲く

水田の畔に咲く   どこにでもあるような足元の小さな風景をいつも見落とさないように心がけている。 なんでもない雑草たちが時として光の演出の中で主役となる。                 風景・自然ランキング 

オランダ
路面電車が生活に溶け込む街 (オランダ アムステルダム)

昨日のトーマスがアムステルダムの路面電車(トラム)にいきなり変わった感じのこの1枚からオランダ・アムステルダムの街歩き編の再開です。アムステルダムの街はとにかく路面電車が便利です。さらに、バスも並走していたり、地下鉄、国鉄なども充実していて、生活者や訪問者にもとてもやさしい街だと感じました。路面電車が生活に溶け込む街 (オランダ アムステルダム)   Photo No.0656夕暮れ時迫るアムステルダム街角から

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。