麦畑 3

未分類
麦畑 3

矢車草と麦畑のシリーズです

麦が、黄金色に色付きました





SDカードは一度救出作業を終わったものの、ファイルが開けません

開けないなら、復元完了なんて表示しないでほしい
期待は裏切られたけど、もう一度挑戦中
しかし、完了予定時間が二十時間って、かかりすぎでしょう




ある写真コンテストの入賞作品が話題になっています

入賞者のコメントが

日の出前の一番寒い時間帯、鳥がジッとして動かず、ちっとも面白くない。どうしたら、鳥たちを
飛ばせるか?距離役300m位。通称、サンニッパーに+コンバーターで600mm。テレコンバーター
付で待機し、手拍きや大声で「ホーッ」「ホーッ!」と叫びながら懐中電灯を照らしていたら、一斉に
とびだし、再び元の位置に戻りはじめたので、夢中でシャッターを切った中野一枚です。我ながら
「してヤッタリ」の一枚でした。
カメラ店で何気なく見た応募用紙をきっかけとした初出品でしたが、このような大きな賞をいただく
こととなり感無量です。年齢からみて、これ以上に喜びはありません。冥土のよい土産となりました。
最近では耳は遠く、足腰がきかず、物忘れはする、その上気力も薄れがち、でも最後まで、まだまだ
頑張るつもりでいます。皆さんもあきらめずに頑張りましょう。そうすれば、いつかはきっと報われると思います。

おそらく、写真をやっている方なら皆さん「えっ」と思うでしょう
これしたらだめだろうと

それで、コンテストの主催者に多くの意見が寄せられたようです


そこで、HPに掲載されたコメントが

平成29年開催 第21回総合写真展 衆議院議長賞 受賞作品について
第21回総合写真展で「衆議院議長賞」を受賞した作品について、このたび多くの方々から、ご意見を頂戴いたしました。作品は、鳥の群れが湖面から一斉に飛び立つ様子を撮影したものですが、賞の決定後、作者ご本人様からお寄せいただいたコメントによりますと、それは夜明け前に湖面で休んでいた鳥たちに音と光で刺激を与え、意図的に飛び立たせたというものでした。

この行為そのものは、ご指摘の通り、動物(野鳥)愛護の観点からも、撮影マナーの観点からも決して褒められるべきものではありませんが、当事務局といたしましては、この行為が「虐待」にあたるとまでは認識しておらず、行き過ぎはあったものの、表現者としての創作行為の範疇と判断して、作品とともにコメント文のほぼ全文を掲載させていただきました。しかしながら、このたびたくさんの方からご指摘をいただき、多くの方々がその撮影行為にご不快の念をいだいておられることを知るとともに、これを見た方が、同様の手法で撮影行為を行うことを助長する恐れもあることから、今後、本作品とご本人様のコメント文を本ページ上で公開することを、差し控えさせていただくことにいたしました。今後は、撮影時のモラルとマナーにも、より一層重きをおきながら、慎重かつ公正な立場で作品選出にあたっていく所存でおります。

また、動物等に故意に負荷を与える行為に対しましても、これまで以上に厳しい目を持ち、撮影段階でそれが明らかな作品に関しましては、審査の対象から外すなどの厳格な態度で臨んでまいります。

本件により、ご不快の念をお与えしてしまった方々に対しましては、主催者として配慮が至らなかったことを深く反省し、あらためまして心よりお詫び申し上げます。

(公財)国際文化カレッジ 写真展事務局

ちっともお詫びしてないですね
この写真を入賞させてしまったこと、この人のコメントを何のためらいもなく掲載したこと
まず、ここから謝るべきでしょう
言い訳に終始して、これからどうするとか、どこかの官庁のようです

この写真を撮った方が、みんなの意見をどう受け止めてくれるかが大切だと思うし
この団体も、真剣に、写真の文化を考えてほしいと思います



ポチッとお願いします



にほんブログ村
未分類
運河の街 アムステルダム (オランダ)

運河の街といえば、イタリアの水の都ベニス(ベネチア)が有名です。私も行きそびれてしまっていたのですが、オランダのアムステルダムもそんな場所でした。街の四方八方に張り巡らされた運河に観光船が忙しく行ったり来たりしていました。運河の街 アムステルダム (オランダ)   Photo No.0628ホテルに荷物を預け、すぐ近くのアムステルダム中央駅前にやって来ました。涼しくなりつつある夕暮れ時の駅前周辺を散策します。ア

未分類
まつもと大歌舞伎 「切られの与三」

まつもと大歌舞伎 「切られの与三」16日昼の部に行ってきました文句なしに面白い これとっても大事だと思います様々な事情から、七之助の立役・座頭だったのかもしれませんが、七之助の当たり役になるかもしれたいと思うほど、素晴らしい女形の経験を積み重ねてきたからこそ、今回の七之助の与三郎ができたのではと思いました勘三郎さんがいることで成り立ってきた、まつもと(コクーン)大歌舞伎 が、前回の「四谷怪談」を、経

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。