関門海峡 和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

  • By:
  • カテゴリー: 福岡
福岡
北九州市門司に出かけて来ました。せっかくなので関門海峡沿いにある和布刈神社(めかり神社)に立ち寄ってみました。Wikipediaによりますと、神社名となっている「和布刈(めかり)」とは「ワカメを刈る」の意味だそうです。毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)が行われ、和銅3年(710年)には神事で供えられたワカメが朝廷に献上されているとの記述が残っているそうで、福岡県の無形文化財に指定されているとのことです。

絶景探しの旅 - 0616 関門海峡 和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

関門海峡 和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)   Photo No.0616

仲哀天皇9年(200年)に創建とされ、古くは「隼人明神」とも呼ばれ、壇ノ浦の戦いの前夜には平家一門が酒宴を開いたとのことです。海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年)足利尊氏、応永年間(1394年~1428年)大内義弘、天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられている。現社殿は明和4年(1767年)小倉藩主小笠原忠総の再建によるものだそうです。今はこの狛犬が関門橋のたもとで、関門海峡を往来する700隻/日とも言われる多くの船の航行を見守ってくれています。

SONY RX100 51mm相当 AUTO( f5.6 1/640 ISO125)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

福岡
関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

北九州市門司に出かけて来ました。せっかくなので関門海峡沿いにある和布刈神社(めかり神社)に立ち寄ってみました。Wikipediaによりますと、神社名となっている「和布刈(めかり)」とは「ワカメを刈る」の意味だそうです。毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)が行われ、和銅3年(710年)には神事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。