上野東照宮 唐門の青い獅子 (東京都 台東区)

東京(23区)
せっかく東京・上野界隈までやってきたので、上野公園内にある上野東照を見て回ることにしました。東照宮は徳川家康公(東照大権現)をお祀りする神社で、日光東照宮が最も有名ですよね。こちらの上野東照宮は1627年創で、現存する社殿は1651年(慶安4年)に三代将軍・徳川家光公が造営替えをしたもので、遠く日光までお参りに行くことができない江戸の人々のために日光東照宮に準じた豪華な社殿を建立したと言われているそうです。(*上野東照宮案内より)

絶景探しの旅 - 0617 上野東照宮 唐門の青い獅子 (東京都 台東区)

上野東照宮 唐門の青い獅子 (東京都 台東区)   Photo No.0617

上野東照宮には重要文化財が多く、こちらの唐門と呼ばれる門もその一つです。1651年(慶安4年)造営で国指定重要文化財に指定されています。唐門と言えば、左甚五郎の昇り龍・降り龍の彫刻が有名ですが、今回は龍の上に設置された青い色が鮮やかな獅子を中心に撮影してみましたが、その豪華な雰囲気や徳川家の御紋も印象的で、江戸時代の文化に少し触れることができたような気もしました。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  124mm相当 f4 1/250 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

東京(23区)
尾形光琳 「風神雷神図屏風」 (東京国立博物館/東京都 台東区)

ここ数日上野公園の写真をご覧いただきましたが、作業をしながら、そういえば上野関連でと思い出して、探し出した写真がありましたのでUPします。以前、東京・上野公園内にある東京国立博物館で、当時、何年ぶりかでの一般公開という俵屋宗達(たわらや そうたつ)の国宝 「風神雷神図屏風」が特別展で公開されていました。子どもの頃から教科書などで見ていてやたら感動を覚えていたということもあって、せっかくの機会ですので、

東京(23区)
上野大仏 落ちた青銅のマスク (東京都 台東区)

上野公園の名物の中にはこんなものもあったのかと言われる筆頭は、こちら上野大仏上野大仏 落ちた青銅のマスク (東京都 台東区)   Photo No.0618上野東照宮には重要文化財が多く、こちらの唐門と呼ばれる門もその一つです。1651年(慶安4年)造営で国指定重要文化財に指定されています。唐門と言えば、左甚五郎(ひだりじんごろう)の昇り龍・LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  124mm相当 f7.1 1/20

東京(23区)
迎賓館赤坂離宮 白い門の秘密 (東京都 港区)

先日、東京赤坂の迎賓館の解放時に建物内部の見学に行ってきました。残念ながら館内は撮影禁止。格式高い館内は素晴らしさを感じることあるとともに、西洋文化をかじろうとしていた明治の頃の日本を感じることができました。そして、たくさんある部屋には、その場所で何が行われたかがわかるようにと最新の写真展示などがありました。トランプ大統領の訪問時の写真もあって、その場の雰囲気を想像するのも楽しいひと時でした。ちな

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。