上野大仏 落ちた青銅のマスク (東京都 台東区)

東京(23区)
上野公園の名物の中にはこんなものもあったのかと言われる筆頭は、こちら上野大仏

絶景探しの旅 - 0618 上野大仏 落ちた青銅のマスク (東京都 台東区)


上野大仏 落ちた青銅のマスク (東京都 台東区)   Photo No.0618

上野東照宮には重要文化財が多く、こちらの唐門と呼ばれる門もその一つです。1651年(慶安4年)造営で国指定重要文化財に指定されています。唐門と言えば、左甚五郎(ひだりじんごろう)の昇り龍・

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  124mm相当 f7.1 1/20 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

東京(23区)
目の中に入れても痛くないパンダのかぐや姫シャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)

1歳の誕生日を迎えた東京・上野動物園の人気者、パンダのシャンシャン(メス)は笹の枝を口にくわえて木の上に上ることができました。さてシャンシャンはここで笹の枝をどうしようというのでしょうか。 目の中に入れても痛くないパンダのかぐや姫シャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)   Photo No.0623笹の枝を口にくわえてようやく木の上に上ったパンダのシャンシャンでしたが、木の頂上に向かって一安心したのでしょうか

東京(23区)
笹の小枝をくわえ木に登るパンダのシャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)

2017年6月14日、上野動物園のジャイアントパンダにメスの赤ちゃんが生まれました。その時の体長は14.3㎝、体重は147gでした。その後、名前はシャンシャン(香香)と名付けられました。シャンシャンは、1972年から上野動物園で飼育してきたジャイアントパンダの歴史の中で、自然交配で、かつ順調に成長している、初めてのパンダとのことです。今はすっかり外での遊びにも慣れ、いろいろなものに興味津々の日々を送っているようです

東京(23区)
笹の枝をくわえ木に登るパンダのシャンシャン (上野動物園/東京都 台東区)

2017年6月14日、上野動物園のジャイアントパンダにメスの赤ちゃんが生まれました。その時の体長は14.3㎝、体重は147gでした。その後、名前はシャンシャン(香香)と名付けられました。シャンシャンは、1972年から上野動物園で飼育してきたジャイアントパンダの歴史の中で、自然交配で、かつ順調に成長している初めてのパンダとのことです。今はすっかり外での遊びにも慣れ、いろいろなものに興味いっぱいの日々を送っているようで

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。