まつもと大歌舞伎 「切られの与三」

未分類
まつもと大歌舞伎 「切られの与三」

16日昼の部に行ってきました



まつもと大歌舞伎 「切られの与三」

文句なしに面白い これとっても大事だと思います

様々な事情から、七之助の立役・座頭だったのかもしれませんが、
七之助の当たり役になるかもしれたいと思うほど、素晴らしい
女形の経験を積み重ねてきたからこそ、今回の七之助の与三郎ができたのではと思いました

勘三郎さんがいることで成り立ってきた、まつもと(コクーン)大歌舞伎 が、前回の
「四谷怪談」を、経て新しい歌舞伎を作り上げた

歌舞伎のおいしいところを生かしながら、普段演じられることのない、場面を脚色し、
(今回加わった木下さんの力も大きいのか)串田さんの演出とうまく溶け合い
最高の舞台です

音楽は、ピアノトリオでですが、歌舞伎の下座もさりげなく入っています
曲が明るく初めは違和感がありましたが、(ここでこんな軽快な曲?みたいな)
観終わってみれば、これでよかったのだろうと思います



まつもと大歌舞伎 「切られの与三」 (2)

もちろん、ほの役者もいい

お富さんは、登場するたび違うキャラクターになっていると、心配していた中村梅枝ですが
そんなことはない、ラストの「お前は、走れていいねぇ」に、すべて収束されていて
この一言にお富のすべてが封じ込められているようでした
泣けるセリフです


笹野高史は、今回の二役とも、全く違うキャラクターなのにピタッとはまっていて
素晴らしかった

立役の中村扇雀は声がいいし貫禄もあり、登場すると舞台が締まるようです
最後のながぜりふも、駆け足で因縁をすべて説明しなければならず、難しいかったのでしょが、
きっちりこなしています



まつもと大歌舞伎 「切られの与三」 (3)

役者が見得を切ると拍手、走ったといって拍手、馬跳びをしても拍手

芝居の途中の拍手など普通はありえないのだけれど、ここの歌舞伎はいつもこんな
劇場全体で芝居を、作り、楽しんでいる、いいじゃありませんか

この演目、千穐楽も終わっていないけど、ぜひ再演してほしいです
その時は、千穐楽に必ず行きます


終幕の青空に心底やらててしまいました


ポチッとお願いします



にほんブログ村
未分類
運河の街 アムステルダム (オランダ)

運河の街といえば、イタリアの水の都ベニス(ベネチア)が有名です。私も行きそびれてしまっていたのですが、オランダのアムステルダムもそんな場所でした。街の四方八方に張り巡らされた運河に観光船が忙しく行ったり来たりしていました。運河の街 アムステルダム (オランダ)   Photo No.0628ホテルに荷物を預け、すぐ近くのアムステルダム中央駅前にやって来ました。涼しくなりつつある夕暮れ時の駅前周辺を散策します。ア

未分類
麦畑 3

矢車草と麦畑のシリーズです麦が、黄金色に色付きましたSDカードは一度救出作業を終わったものの、ファイルが開けません開けないなら、復元完了なんて表示しないでほしい期待は裏切られたけど、もう一度挑戦中しかし、完了予定時間が二十時間って、かかりすぎでしょうある写真コンテストの入賞作品が話題になっています入賞者のコメントが日の出前の一番寒い時間帯、鳥がジッとして動かず、ちっとも面白くない。どうしたら、鳥たち

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。